古銭は骨董品の価値が薄いのか

数年前までは貴重な骨董品の部類に入っていた古銭ですが、数が多く出回ってくるにつれて、現在では骨董品としての価値が大きく下がってしまっています。しかし、中には希少性の高さに優れたものは骨董品としての価値はいまだにあるようです。
この記事では、そんな古銭、とりわけ江戸時代のものの骨董品価値についてまとめてみます。

骨董価値のある古銭とは

希少価値の高い古銭と言えば、中国の王朝時代のものや、国内では江戸時代以前のものがあります。ただ、江戸時代のものに関しては流通量の多かったものは価値があまりないようです。

希少価値のある小判

金の含有量が多い大判や小判は、希少性が高く、骨董品としての価値も高いです。作られた時期によって異なりますが、高いものは1000万円を超えるものもあります。ただ、あくまでも流通量が少ないからこその価値であり、比較的多いものになるほど価値は下がっていくのが殆どです。

素材の価値はあまり加味されない

たとえ金を素材として含んでいても、その素材の価値も査定に含まれないケースもあります。例えば江戸時代の一分判金や二朱判金で、数グラムの金が含まれているにも関わらず、それ以下の価格になっていたりするものもあるようです。

価値が常に変わっていく

古銭の価値は日々変わっていきます。江戸時代の古銭は、最初に取り上げられた時にいずれの古銭もそれなりの価値がありましたが、今では多く発見されている種類もあり、それに関しては大きく値を下げる結果になったようです。

今後の価値変動は?

古銭の価値は昔と比べて大きく値を落としたものもあり、今後価値がまた上がるとすれば、市場で流通しなくなってからでしょう。新たに価値を見出したり、時代の変遷により価値が変わるかもしれません。どちらにせよ、長い時間を経て価値が再認識されるのを待つしかありません。

まとめ

古銭の価値は希少性が高いものがより高い価値になる傾向があります。特に江戸時代の大判・小判は価値の大小はあれど、どれも希少性なども含めて骨董品としても評価されているので、古銭の中では高額な取引額になる傾向があるようです。
流通量の多い判金や丸銭は、当然安くなってしまうので、デザインや流通していた年代などで多少の価値変動があるくらいです。そのため、古銭はものによって骨董品としての価値があるかないかが分かれることになります。

ライター:もんきち

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?