フリマアプリで骨董品を探してみよう!レアな品物に巡り合えるかも。

手軽にアプリで中古品を売買できるツールとして利用者が増えているフリマアプリ。
「メルカリ」や「ラクマ」が有名ですね。
このフリマアプリ上でどの程度骨董品が出品されているか調べてみました。
キーワードを「骨董品」として検索してみると、1,000件以上もの出品がありました。
「壺」「急須」「掛け軸」「コイン」などなどそのバリエーションは多岐に亘ります。
どのくらいの値段で出品されているのか調べたところ、最低出品金額の300円のものから最高出品金額の500,000円のものまで、幅広く出品されています。

面白い骨董品を2つ紹介します

壺や掛け軸などが多く出品されている中で、目を引く骨董品がいくつかありました。
ここでは2つ紹介します。

実家から掘り出した「空気銃」

1つ目は「明治時代後半の空気銃」です。
出品者の書いた商品情報を見ると「実家の蔵を整理していたら発見しました」とあります。
写真を見る限り相当古びてはいますが、本格的で重厚感の溢れる銃でした。これは、一般家庭の蔵に眠っている限りは価値のないものでしょうが、マニアにとっては貴重なアイテムなのでしょう。すでに「SOLD OUT」となっています。

最高金額の50万円で購入された骨董品

もうひとつ、興味深い品物は「甲冑(かっちゅう)」です。鎧のようなものです。
なんと最高金額である500,000円ですでに落札されています。
こちらも重厚感溢れるもので、コレクターには貴重な一品だと伝わります。
ちなみに、50万円で落札されている骨董品がどの程度あるのかと調べてみたところ、8件もありました!
壺が2件、甲冑、日本刀、着物、額、箱、器という内容です。
甲冑や日本刀など、これらのコレクターにとってはとても貴重なものなのだと思います。
それにしても50万円…。すごい額ですね。

本当に価値あるものなのかは不明。慎重に確認を取ろう。

フリマアプリでも骨董品を購入することができると分かりましたが、注意すべきことがあります。それは、本当に価値のあるものなのかということです。
出品者の顔が見られない取引であることと、現品を自分の目で見て確認できないことは、通常の骨董品の売買とは大きく異なる点です。
とりわけ価格の高いものに関しては、より慎重になるべきですね。
骨董品が届いてみたら「想像していたものと違った!」とならないように、購入前に疑問に思う点は必ず出品者に確認を取ることが重要です。
さらに、その出品者の過去の取引評価を確認することや、過去の出品の際の購入者との質問のやりとりがあればその内容までもしっかりチェックした上で購入しましょう。

あなただけの掘り出し物を発見しよう!

フリマアプリには、予想以上に興味深い骨董品がたくさん出品され、購入されていることが分かりました。
真に価値のあるものなのか慎重に確認した上で、お宝の骨董品を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ライター:くろぱん

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?