初めての海外旅行。どうやってお金を持っていく?

海外旅行に出かける際、気になるのがお金の管理の仕方ですよね。現金で全額持っていくのはリスクが大きすぎるし、どうすれば良いのか迷う人も多いと思います。特に初めての海外旅行の場合、分からないことばかりで不安でいっぱいですよね。そこで今回は、お金の持って行きかたについて、一通りまとめてみました。持っていく金額や、行く場所の治安などに合わせて、それぞれ自分にあった最善の方法を選んで見てくださいね。

少しくらいは持っておきたい現金について

いくらクレジットカードがどこでも使えるようになったとはいえ、やはり現金をいくらかは持った状態で現地に到着したいですよね。例えば、到着してすぐのタクシーやバス、売店などではクレジットカードが使えない可能性もあります。大きなお札ではお釣りがないと断られてしまうこともあるので、細かい額を準備して持っておくことが必要です。また、盗難のリスクも考え、現金は全額を同じ場所で保管するのではなく、いくつかに分けて持っておく方が安心です。

両替はどこでする?

一口に両替といっても、様々な場所で両替が可能です。空港はもちろん、銀行でもできますし、大黒屋などの金券ショップでも通貨によっては取り扱いがあります。現在はインターネットでその日のレートを見ることができることが多いので、旅行の前からチェックしておき、レートの良いときに両替しましょう。学生割引や時期ごとのキャンペーンを行っていることもあるので、自分にあったお得なところを探して見てください。また、出発直前に空港での両替を考えている人は、混雑している場合もあるので、余裕を持って空港に到着してくださいね。

旅行先での両替はリスクあり

現金が足りなくなってしまった場合は旅行先でも可能ですが、慣れない外国で両替をするのは大変です。相場が分からないため悪質なレートで両替をされてしまったり、両替所を探すことで時間のロスになってしまったりする可能性があります。ひどい場合は偽札を渡されてしまうことも・・・。どうしても旅行先で両替が必要な場合は、少し手数料が高くてもホテルや銀行などの信頼できるところでお願いする方が安心です。

キャッシュカードやクレジットカードを賢く使おう

旅行で大活躍するのが、国際キャッシュカードやクレジットカードです。特にクレジットカードには海外保険が付帯していて、今や海外旅行の必須アイテムといえます。キャッシュカードの場合は、海外でも利用できるものかどうか確認してから選ぶようにして下さいね。また、キャッシングの場合、初回の設定で限度額が0に設定されていることがあるので、早めに確認しておきましょう

クレジットカードはキャッシング利用もお得?

クレジットカードには、海外で病気になってしまったり事故にあったりした時に利用できる保険がついており、金額や条件は会社によって様々です。他にも、荷物がなくなってしまった場合の補償や、空港のラウンジが使える特典があるなど、それぞれに特徴があります。用途に合わせて、自分にあったものを選んでみてください。

また、クレジットカードでは審査に通ればキャッシングの利用も可能です。日本で利用するキャッシングといえば利子が高いイメージですが、海外で利用する場合はお得に利用できることが多くあります。クレジットカードをそのまま海外のATMに挿入し、暗証番号を入力するだけで、簡単に現地の通貨で現金を引き出すことができます。一括ですぐに返済をすれば、利子を含めても現金の両替よりも安くつくことが多く、オススメの方法です。

国際キャッシュカードは機能がたくさん

日本でも海外でも利用できる国際キャッシュカードも大変便利です。デビットカードとしても利用できたり、事前のレートの良いときに円から旅行先の通貨に換えておけたりと様々な特典があります。昔に比べると種類は少なくなってきたものの、内容はどんどん進化して、利用しやすくなっています。

万が一に備えて、色々な方法を準備しておこう

新たな発見にあふれた楽しい海外旅行ですが、何が起こるかが分からないのもまた海外です。盗難にあったり、ATMにカードがそのまま吸い込まれてしまったりと、どんな事件に巻き込まれてしまうか分かりません。そんな時のために、色々な方法でお金を準備しておくのが、海外旅行の鉄則です。

例えば、カード会社でも、できれば2社以上のものを分けて持っておくと安心です。また、万が一事件や事故に巻き込まれてしまったときに備えて、カード会社の連絡先を必ず控えておきましょう。十分な備えをして、安心して旅行を楽しんでくださいね。

ライター:SUYAMA ERIKA

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?