浮気はどうしてバレるのか

パートナーに不満があり、浮気に走ってしまったものの、「どうせバレないだろう」と高をくくっていたにも関わらず、いつの間にかバレていて離婚や慰謝料を突き付けられるケースをよく耳にします。バレないように努めていても、どうして浮気はバレてしまうのでしょうか。この記事では、その原因になるものをまとめていきます。

浮気がバレる原因とは

普段何気ない仕草でも、パートナーは微妙な変化に気づいたりします。意識して隠しているつもりでも、その隠しているという気持ちだけで違和感を感じることもあるようです。ドラマなどでは、ベタな展開で浮気がバレるシーンも度々見ることがありますが、それ以外にも様々な要因で浮気を疑われます。

急に残業や出張が増える

ありがちな理由ですが、残業や出張などと仕事を理由に浮気相手と逢い引きしているケースがあります。特に残業と言えば数時間程度の時間を作れるので、よく使われる手段の一つと言えるでしょう。急な残業が増える場合は、疑ってみられる原因になりやすく、毎日残業をしているはずなのに、体の方はいたって元気という時には疑いの目がさらに強くなります。
残業時間の目安は、過労死に注意とされる80時間が基準になるでしょう。また、残業はあまり良いことではないはずなのに、嬉しそうにしているなど気持ちに矛盾が出ていれば、疑いはさらに強まります。

携帯電話をロック設定したりする

携帯電話についても、ロックをかけていなかったのに急にロックをかけるようになったら、浮気をしている可能性を疑われます。相手と連絡を取りあったりしている内容を見られると致命的になるので、防衛する意味でロックをかけるケースがありますが、その行為がかえって浮気を疑う原因になりかねません。

知らぬ間に証拠を握られている

浮気の証拠は思わぬところから握られていることも少なくないそうで、バレていないと思っていても実は泳がされていたという事例も耳にします。こうなってしまうと、証拠固めに入っている段階なので言い逃れもできない事実を突き付けられてしまうでしょう。

疑われたら探偵や興信所に依頼している可能性も

「浮気してるの?」と疑われたら、探偵や興信所に依頼して素行を調べられている可能性もあります。家族を信じたいという気持ちもありますが、万が一のことを憂慮して行動に移す人も少なくないようです。こうなると相手もプロなので、気づかないうちに証拠を握られてしまっている可能性もあります。もしかすると、聞かれた時点ですでに証拠をつかんでいるというような事態もあり得るでしょう。

近所の目から伝わることも

近所の目というのは怖いもので、知り合いの知り合い、そのまた知り合いに至ると日本人すべてが含まれるということも言われています。浮気相手と一緒にいる姿を見たという知り合いがいた場合には、家族にまで知れ渡るのも時間の問題でしょう。
多少距離が離れているから大丈夫と思っていても、知り合いの行動範囲までは把握できないので、油断しているとつい見られてしまったということもあります。中には子供が行動に不審な点に気づいてしまうケースもあるので、そうなってしまうと後々の家族の信頼にまで影響を与えかねません。

証拠から離婚に至ることも

浮気の証拠を握られてしまうと、それを元に離婚に至ってしまうこともあります。挙げ句の果てには慰謝料を請求されて、家族とも会えなくなってしまうという事態を招く可能性も覚悟しなければならないでしょう。そうなってしまわないように、浮気を出来心と片付けてしまわずに、事の重大さを理解しておくことが重要です。
たとえパートナーに不満があったとしても、一度結婚した以上はパートナーをはじめとする家族を裏切る行動につながる行動は控えるべきでしょう。

バレてしまう前にしっかり清算する

そもそも浮気がバレてしまう確率は、時期が長引くにつれて高くなっていきます。たとえ一度だとしても、その時の証拠を握られてしまえば言い逃れができなくなってしまうため、たとえ出来心でも浮気は控えるのが後々のためと言えるでしょう。たとえ不倫に走ってしまうことがなくても離婚の原因になりかねないので、関係についてはできる限り早く清算するのが吉です。バレずに終わることができたなら、あとは墓場までもっていくことを心がけましょう。

ライター:もんきち

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?