知ってるようで案外そうでもない、探偵という名のお仕事

探偵というお仕事については、みなさんも映画や小説などでよく耳にしますよね。
でも、実際に何かの調査を依頼したことがある人は少ないかもしれません。

どんなことをする職業なのか、もう少し詳しく知りたくはないですか?

今回は、探偵のお仕事と実際に依頼をするときに気を付けたいことについて、お話ししてみましょう。

探偵とは?

『新明解類語辞典』(三省堂)によると、探偵という言葉には「依頼を受けて、人の行動や犯罪の調査を職業とする人」という解説がされています。
これと比べて、似たような業務を行う興信所は「依頼により、個人や法人の信用や財産を、秘密で調査する民間の機関」のことを指すようです。

厳密にいうと、この二つの言葉は少し違ったものなのですが、現在では業務内容に明確な違いはなく、どちらも調査業に分類される職業と考えていいでしょう。
探偵社や探偵事務所、興信所で働く調査員の方々を探偵とみてもあながち間違いないのではないかと思います。

勝手に探偵になってはいけないの?

もしかすると、「自ら探偵を名乗って調査したらいいのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、無許可では探偵として活動することはできません。探偵として活動するためには、警察署を通して公安委員会に認めてもらう必要があるのです。
店舗の場合でいう、営業許可証のようなものですね。

公安委員会に届出をして、探偵業届出証明書を交付してもらうことで探偵として活動できるようになり、探偵業法(正式には「探偵業の業務の適正化に関する法律」)に従った調査を行うことができるようになります。

ということで、勝手に探偵を名乗って調査を行い、報酬をいただくことはできないということです。未届けのままで調査をしてしまうと、探偵業法違反ということになり罰則の対象になります。

つまり、この法律の範囲内においての行動が調査業務ということになります。
きちんと届出をしている探偵の調査では、違法なプライバシー侵害はないはずですし、通常依頼者も責任を負うことはありません。

どんなことを調査してくれるの?

探偵への依頼の中で一番多いものは浮気・不倫調査のようですが、他にも様々な調査をしてもらえます。

一部ですが例を挙げると、
・子供がいじめられていないかを調べてもらう
・借金や前科の有無・職業・過去の交際相手などの調査
・行方不明の人やペットを探してもらう
・盗聴器が設置されていないかを調査してもらう
・ストーカーされていないかの調査
・企業信用調査
・筆跡、DNAなどの各種鑑定調査
などなど。

こんなことも探偵の調査内容に含まれるの? と感じた方もいるのではないでしょうか。

すべての探偵にこれらの調査ができるわけではないでしょうが、調べることができるものなら何でも調査できる、といった雰囲気ですね。

調査を依頼するときの注意点

当然のことではありますが、探偵に依頼さえすれば何でも調べてもらえるわけではなく、違法なことや人々の権利を侵害するようなことは許されません。

基本的に無いはずなのですが、調査活動がエスカレートし過ぎてしまうと、住居侵入罪や電波法違反の罪に問われる可能性も出てきますので、調査を依頼するときには信頼できる調査員を選ぶことが大事です。
万が一、調査方法が法規に触れる場合は刑罰の対象となることもあり得ます。

加えて、調査依頼を検討するときには、内容や料金がしっかりしている業者を選ぶようにしたいものです。
調査の途中で追加料金が発生するのか、成功報酬なのかそうでないのか、個人情報の管理は適切かなど、後々気になるところを残さないように。
ホームページを見るときには探偵業届出番号の記載があるか確認したり、打ち合わせの際には探偵業届出証明書が掲示されているかを確認する、などのチェックを怠らないようにしましょう。

おわりに

探偵に調査をお願いできる内容は、多くの人が思っているよりもたくさんあります。

仕事をする上で特別な資格が求められる職業ではないこともあり、業者によって経験値や専門とする調査分野が異なるということが予想できます。近年ではITを活用した調査を得意とする探偵もいるでしょうから、さらに業者間の違いは幅広くなっていることでしょう。
探偵ならどこでもいいというのではなく、目的に合った業者を探すようにすると良いのではないでしょうか。

何か調べたいことがあったときには信頼のおける探偵に調査を依頼して、悩みを解決していただきたいと思います。

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?