釣った魚は一体誰のものなのか?

道端に落ちている銀杏を拾っていたら泥棒扱いされたというニュースを以前耳にしました。実はこれは正当な訴えであり、公道に面していようともその土地の所有者に果実等の所有権があるという事です。これと同じ理屈で言うと、魚釣りで釣った魚も同じ理屈が通ることになってしまいます。ただ、広大な海は一体誰のものなのかという事になりますが、個人所有というのも聞いたこともないでしょう。この記事では、その点を中心にして紹介していきます。

海は一体誰のもの?

釣った魚の所有権がその海域の持ち主になるという理屈はわかるかと思いますが、ではその肝心な海は誰のものなのでしょうか。土地に関しては明確な所有者というものがはっきりしていますが、海についてはあまり知られていないでしょう。

また、同様に川で釣った魚にも同様のことが言えるので、その点を含めてはっきりさせていきます。

海の所有者は国

現在の法律では海の所有権は国という事になっています。ただ、その場合沖に出て漁をしている漁師が獲ったものは?ということに疑問を感じるでしょう。これにもちゃんと理由があります。

海の所有者は国となっていますが、国から漁業権の免許を受けた漁師が独占的に漁を行っても良いという制度があるため、漁師が海で漁をするのが許されるという理屈です。

昔は地元民による占有的な資源だった

江戸時代までは魚を含む水産資源は、その海域に面する部落が占有的に利用していました。明治期に入ると、これからは国が海を所有すると定められましたが、初期の段階では全国的に混乱が生じてしまい、収拾がつかなかったようです。

そこで、国は海を国有化する代わりにその海域の独占的操業権を各地域に与える制度を制定しました。これが明治34年に制定された「漁業権制度」(漁業法)です。

その後幾度かの改正を経て、現在に至っています。

意外と知られていない漁業法

漁業法という法律があることで、第三者が勝手に海に出て魚を獲るのは犯罪であるということになりますが、すべての魚種において同様の規制がかかっているわけではありません。

また河川においても適用されるので、対象になる魚によっては規制があることを知っておきましょう。

規制対象の魚種について

河川においてはアユやコイ、サケなどが規制の対象になっており、管理者の許可がなければ勝手に釣りをすることが出来ません。また、サケに関しては特別な場合を除き、一切の捕獲が禁止されていることも覚えておきましょう。

河川や海面に生息する魚類や藻類の採取については、共同漁業権というものが存在しており、これにより規制を受けている魚などが指定されています(種別がいくつかあるようです)。指定を受けていない魚については、釣りをしても問題ありませんので、どの魚を釣って良いかを事前に知っておくようにしましょう(指定されている魚でも入漁料を支払って釣りを楽しめる場所があります)。

ルールを守って釣りを楽しむことが大切

釣りをする場所によって、釣りをしていい期間が定められていたり、釣りをするために料金を支払って許可証を得ないと釣りができないことがあります。他にも漁場によって規則が定められているので、よく確認したうえで楽しむようにしなければなりません。

ただし、海水面においてはこの規則は適用されませんので、常識の範囲内では自由に釣りをすることができます。しかし、海底に棲んでいるカレイや貝類、ワカメなどの採集は規制の対象となるので、あくまで海水中を遊泳している魚類だけを釣ってよいという意味です。

★河川・湖沼でも規制の適用を受けない場所
 以下の河川・湖沼は、海面と同じ扱いとなっているので、漁業法による規制を受けません。
サロマ湖
 風連湖
 温根沼
 厚岸湖
 霞ヶ浦
 北浦(及び外浪逆浦)
 加茂湖
 浜名湖
 琵琶湖
 中海

漁業権を侵害しないようにしよう

漁業権は漁業を生業とする漁師に対して様々な規制や権利を定めているもので、釣り人に対しては規制がかかっていません。しかし、漁業の漁獲量に影響するような行為をしてはいけないとも定めており、これを侵してしまうと一般の釣り人でも漁業権を侵害したとして訴えられてしまいます。

まとめ -釣りを楽しめる場所-

河川や湖沼については、前述した場所以外には何らかの制限や規制がかかっていますが、許可証などの交付を受ければ釣りができるところもあります。また海面においては、海水面で遊泳している魚については釣りをしても大半は問題ないようなので、漁業権を侵害しない程度であれば大丈夫です(地先海面に生息する魚類や藻類などは勝手にとってはいけません)。

それでも、釣りをしている地域での漁師とのトラブルになる可能性もあるので、場所などを良く考えて釣りを楽しむ必要があるでしょう。

ライター:もんきち

関連記事

釣りをすると幸せになれる!?魚釣りに興味がないあなたへ。

冬だからこそ釣りに行こう!ルアーで釣れる魚と冬を感じる味わい深いキャンプ!

釣りガール~ブラックバス釣り~

意外と知らない?有給休暇のしくみについて

労働基準法の過去と現在

休む時の代行者を探すこと、アルバイトは有休がもらえない・・・? 実はその認識間違っているかも!!