秋冬は大胆カラーがトレンド!カラー使いが苦手でも取り入れるコツをご紹介

カラーマスカラやカラーアイライナーの発売が相次ぎ、カラーで遊ぶ大胆なアイメイクがトレンドだった2018年の夏。そして2018年秋冬、カラー遊びはファッションにも!

トレンドはとにかく大胆なピンク!

見ているだけでパワーをもらえるようなホットピンクやフーシャピンクなどパキっとした大胆なピンクがトレンド。さらに、コレクションではセットアップや上下ピンク、ロングコートなど全身ピンクのコーディネートが目立ちました。

定番で取り入れやすいベージュピンクやパステルピンクではないのです。トレンドは取り入れたいけど、大胆なカラー使いは苦手。そんな方も少なくないと思います。

そこで、カラー使いが苦手な方でも取り入れやすいカラーコーディネートのコツをご紹介します。

初めの一歩は小物から

ホットカラー初心者さんは、カバン、靴、アクセサリー、ベルトなど、まずはカラー小物から始めると取り入れやすいでしょう。いつものマンネリコーデも小物でカラーを取り入れることでアクセントがでます。

中でも顔まわりから遠く、面積も狭い靴から始めるのがオススメです。取り入れやすさは顔からの距離と比例することを頭に入れておくと、自分にあったアイテム選びがしやすいかもしれません。

次のステップは上下どちらかにホットカラーを!もしくは柄に!

小物でホットカラーに慣れたら徐々に範囲を広げていきましょう。トップス、ボトムスどちらかにホットピンクのアイテムを。あわせのカラーは白、黒、グレー、ベージュ、ネイビーなど。ベーシックカラーならなんでもOK。実はホットピンクはどんなカラーにも合う万能カラーなのです。

小物から一歩先へ進みたいけど、まだ上下どちらかにホットカラーを取り入れる勇気がでない。そんな場合は、ホットカラーの花柄など柄で取り入れましょう。

おしゃれ認定されちゃう全身カラーコーデのコツとは?

全身カラーコーデを着こなせばあっという間におしゃれ上級者の仲間入りです。挑戦したいけど自信がない。勇気がない。そんな方も多いのではないでしょうか?

しかしコツさえ覚えてしまえば全身カラーコーデもこわくありません!

カラーコーデの種類は大きく分けて2種類。
全身を同じ色味で揃えるワントーンカラーコーデ。
そしてカラーとカラーをあわせるカラーコーデ。
それぞれのコツをご紹介します。

ワントーンで全身カラーコーデ

全身カラーコーデに挑戦するなら、まずはワントーンコーデがおすすめ。白や黒などのモノトーンカラーでのワントーンコーデではありません。カラーコーデというからには色味のあるカラーで挑戦しましょう!

トレンドのピンクを例にご紹介します。

ピンクの種類は無限大。異なるトーンのピンクを合わせてしまえば良いのです。
ホットピンクのざっくりとしたニットにベージュピンクのパンツ。
ダスティピンクのネックニットにフーシャピンクのミモレスカート。

あれ?意外と全身ピンクって簡単?そう思ったあなた、きっとワントーンコーデを取得できちゃいます。ピンクに限らずどの色も種類は無限大です!ブルー、グリーン、イエロー、ぜひ様々な色のワントーンコーデにチャレンジしてみてください。

カラー×カラーは置き換えから

最高難易度のカラー×カラー!
最初は置き換えからはじめましょう。
カラーアイテムに白をあわせるところをベビーピンクに。クリーム色に。
黒をあわせるところをネイビーに、モスグリーンに。
主張しすぎないカラーに置き換えれば、もうカラー×カラーのできあがり!
なんだか挑戦できそうな気がしませんか?

難しいのはお互いに主張のある色の組み合わせですよね。少しずつ置き換えていた色の彩度をあげていきましょう。

例えば、クリーム色をだんだんと黄色に近づけていく。
ネイビーをだんだんと彩度の高いブルーに変えていく。

あっという間に主張カラー×主張カラーコーデのできあがりです。

色と色は合わない。単純にそんな先入観が邪魔していることも。「自然界にある色の組み合わせは合う」そんな言葉を聞いたことがあります。

花、木々、空、動物。色で溢れています。もし色合わせで悩んだときはヒントにしてみてください。その他にもハイエンドな雑誌や作品集を眺めてみると、好きな色合わせを発見できるかもしれません。

最大のおしゃれは自信!

ファッションに決まりはありません。おしゃれな人に躊躇はありません。堂々と着こなせば、おのずとおしゃれに見えるもの!こんな色合わせおかしいかな?派手すぎるかな?そんなこと思わずに、自信をもってカラー遊びを楽しんでください。

ライター:KM

関連記事

2018年冬ファッションで抑えたい、注目トレンドアイテムは?

オシャレも防寒も諦めない! 冬のあったかコーディネイトアイデア