不動産管理で必要になる工事と費用

不動産管理で必要になる工事と費用

不動産を管理する上では、定期的なメンテナンスの中で工事が必要になる部分も少なくありません。適切な耐用年数での交換を考慮すると、実際に使用している機器や消耗品のサイクルは思った以上に早いものです。特に取り換えともなれば大規模な工事をしなければならないため、費用も相当な額になるでしょう。

この記事では、建物を管理していく上で必要になる工事とその費用について紹介していきます。

内装系はおよそ10~20年程度で総交換

築何十年という状態でも建物の中身はそこまで持たせることはできません。人間の体の日々生まれ変わる細胞のように、一定の周期で交換をしなければならなくなります。特に水回り系統の機器は総交換になると工事費用も大きくなるので、こまめな手入れをしてなるべく長く持たせたいところです。

キッチンの場合

キッチンの本体は20年が耐用年数となっています。それまでにもレンジフードやコンロなどは10年が耐用年数となるので、本体交換の際にはすべてを交換しなければならないこともあるでしょう。その際には100~300万円ほどの費用と、工事期間が数日程度かかります。

価格帯についてはローコストのものや、これ以上の価格もあるので、参考程度と考えておいてください。

洗面台の場合

洗面台の本体は10年が耐用年数になっています。本体の交換の際には15~30万円ほどの費用と、工事期間に1~4日ほどかかるのが一般的です。位置を変える場合には断水時間が1~2時間程度発生するので、必要に応じてその間に利用する水を確保しておきましょう。

浴室の場合

浴室ではユニット本体の耐用年数が20年となっており、総交換となると100~200万円ほどの費用がかかります。工事期間も数日かかるため、それまでの間は入浴もできない不便さを強いられてしまうでしょう。

トイレの場合

最近多い温水洗浄便座は10年が耐用年数になっています。交換する際には10~15万円ほどの費用がかかりますが、工事そのものは半日から1日ほどです。増設など他の工事が絡む場合には工期が数日に及ぶこともあるでしょう。

便座とタンクは20年が耐用年数になっており、交換費用は20~30万円です。

外装の塗装は10年

内装と同様に外装の塗装などにも耐用年数があります。長く住む家ともなれば数回は行わなければならないわけで、劣化や損傷の状況によって3種類の工事が必要です。

塗装工事

雨や紫外線に長期間さらされることで、外壁の塗装が劣化していきます。おおよそ10年ほどで塗りなおさなければなりません。塗装工事を行うことで、建物そのものを長持ちさせることになるので、放置せずに工事を行うようにしましょう(費用の目安としては100~150万円ほどかかります)。

塗装に用いる塗料にはいくつか種類があり、それぞれで耐久年数が異なっています。コストを取るか、メンテナンスの手間を省くかで選択肢が変わってくるでしょう。

・ウレタン
 最も安価な塗料ですが、その分耐用年数が5~7年と短めです。
・シリコン
 耐用年数は7~10年で、コストパフォーマンスに優れた塗料です。
・フッ素
 15年以上の耐用年数を誇り、汚れにくいのが特徴ですが、高額になってしまうのがネックです。
・無機
 耐用年数が20年以上と、耐久力が最も高い塗料です。長期のメンテナンスの手間を省きたい場合に良いでしょう。

張替え工事

外壁そのものを新しく張替える工事です。雨漏りや雨水が浸入してしまった場合には、新しい外壁に交換しなければなりません。また、建物の風合いを変えたい場合にも外壁を新しいデザインのものに交換します。費用は200~300万円ほどになり、決して安いものではありませんが、必要に応じて実施していかなくてはなりません。

重ね張り工事

張替え工事と同じようなものですが、外壁を完全に撤去せずに新しい外壁を新たに重ねて張り付けます。その分安価で済みますが、水の浸入が無い場合に限られるようです。
費用は180~250万円ほどになります。

適切な手入れをすれば永く持たせられる

耐用年数が過ぎたものは必ず交換しなければならないというわけではありません。ただし、一応の目安なので手入れを適切にしていればこれ以上に長持ちさせることは難しくないでしょう。しかし、どんなものでも永く使えば必ず交換・工事が必要になってくるので、交換時期を見極めて計画的に行っていく必要があります。

快適な住環境を維持するために、それぞれの設備のチェックや手入れをこまめにしていきましょう。

ライター:もんきち

関連記事

一定周期で行われる修繕工事とは

何の問題もない今だからこそ、修繕について考えておきましょう

長持ちすればいいってもんじゃない!建物にも人にとっても大切な外装工事

せっかく修繕するなら考えておきたい、建物の魅力UPに繋がるいくつかのこと

建築現場で活躍出来る施工管理技士とは

これから注目される仕事は施工管理の仕事