コンプレックスを克服なんて嘘!?

よくコンプレックスは個性だー!とかギャップに逆に好感が持てるとかの「ギャップ萌え」最近よく耳にしますよね?

私自身も肩幅が大きくってすらっとした綺麗な服が似合わなかった時は「体格がよくて男らしいからいいじゃん!?」とか声がちょっと高めなので「カラオケうまそうだからいいよねー!」なんて言われたりしています( ´∀` )

しかし!?やっぱりモデルさんみたいなすらっとした服は着たいし、声だって男らしい声を出したい!なんて思います。今回はそんなコンプレックスとどう向き合うかお話したいと思います!

コンプレックスはアレンジして隠しちゃおう

コンプレックスを個性として生かそうとするよりもコンプレックスを隠すようにした方が気持ちが楽です。人間は弱点を隠そうとするものです。ほら!「あたま隠してしり隠さず」なんてのはいい例ですよね(^^♪

体のコンプレックスは服で隠す?

これはけっこうみなさんも体験あるんじゃないかなーと!例えば「最近少しおなかがでてきちゃって・・・」と言っていた女性の友達は大きめのワンピースでおなかのちょっと上で締まっているタイプのものを着ていました(#^.^#)

なるほどそういうやり方もあるのかと自分も大きめのTシャツを買ってダボっと着たりとけっこうひとりひとりでアレンジし甲斐があって楽しいものです(^^♪

他には私は元キャバクラ店員でしたのでよくキャストの方が、
・おなかを絞めるためにきつめのベルトで無理やりくびれを作る
・胸に大きめのパッドを入れている
なんてところなんかもよく見てました・・・・
そこまでしなくても(´・ω・`)

コミュニケーションのコンプレックスはLINEで隠す?

最近になってよく言われだしたのが心のコンプレックスですね(^^)/
やっぱり社会に出て働いていると、

「なんであの時あんなこと言っちゃったんだろう・・・」
「顔を見て話せない・・・もっとちゃんと話したいのに」

なんてことありませんか?
自分なんて思い出しただけでかなり精神やられちゃいます(笑)

こんな時、自分がよく使うのがLINEなどの文字でやり取りしてごまかすことです!人間のコミュニケーションは相手を目の前にして話すのを100%の情報が伝わるとすると、文字だけでは約7%しか伝わらないといわれています。

これを逆に考えましょう!

頭に入ってくる情報が7%しかないので心に余裕が生まれます( `―´)ノそして打つ前に読み返すことで失敗も防げるという保険付き!今ではみんながLINEなどの文字媒体を使っているので、コミュニケーションにコンプレックスがある人は有効活用しちゃいましょう!

それでも嫌なら逃げちゃえばいい

ここまではコンプレックスを小さくするお話をしてきましたが、小さくする努力もしたくないし向き合いたくもないコンプレックスなんて絶対にあります。
そんな時は恥じることはありません。そのコンプレックスを感じる状況から逃げてしまえばいいのです!今からはそんなコンプレックスの対策の極論をお話いたします・・・!

体が嫌なら整形しちゃえばいい

私は顔が大きいことがコンプレックスです。

「せっかく親からもらった体なのに・・・」
「お金がかかるから・・・」

とか考えちゃいます。

けど、よく考えてみてください。ここまでの考えにくるということは相当のコンプレックスのはずです。もし私が親なら、体も大事にしてほしいですが、一番に幸せになってほしいはずです。

お金のこともおんなじです。お金を他のことに回して幸せなら他のことに回してもいいですが、人生は一回です!整形するのであれば早いほうがお得ですしね(*^^*)

コミュニケーションのコンプレックスが嫌なら人と関わらなければよい

心のコンプレックスは他人と関わらなければ感じることは少ないです。ならどうするのか?

他人と関わらなければいいのです!

嫌な人と無理やり付き合うよりも連絡先もLINEもブロックしてばいばいしちゃってください(^^♪それで例えば会社が居づらくなるなら会社も辞めてしまえばいいのです!

周りの評価が気になったりするのを心配するかもしれませんが、もう2度と関わらないと決めてしまえばもはや「周りの人」でもありません!さっきも言ったように人生は一度きりです。そしてそれはあなたのための人生ですからもっと自己中でいいのです!

コンプレックスはできるだけ小さく

ここまで結構無茶苦茶書きましたね・・・反省しております。しかし、何事にも必ず「逃げる」という選択肢があると人生かなり楽です。人間が鬱になりやすい状況の一つに「一つしか道がないと思う」ことがあります。

もっとかっこよかったら俺はあの子と付き合えてた・・・
新卒の採用で入ったこの会社でずっと働くしかない・・・

など人によって様々です。そしてそんな自分に自己嫌悪するとコンプレックスは大きくなります。わざわざコンプレックスを大きくしてやる必要なんてありませんし、向き合うこともしなくていいです!日本人は少しまじめすぎますので、もっと自己中に、恥なんて考えずに逃げてもバチはあたらないはずですよ。

ライター:tokisaki

関連記事

続かないことに劣等感を感じていませんか

汗で悩んでいる方注目!汗の基礎知識と臭い対策をご紹介!

女性の私が、毛深い事をコンプレックスに思わなくなった理由│人生で学んだ本当の“美しさ”とは

劣等感のあやしかた

ネガティブ思考とうまく付き合うコツ

クサい口臭対策おすすめの方法と大人の伝え方