意外だった?口臭を生み出す食べ物、口臭を抑える食べ物

自分自身の口臭を、自分で気づくことはなかなか難しいのではないでしょうか?「あの人の口臭、ひどい。」と他の人の口臭はわかるものの、実はあなたの口臭が他の人に不快感を与えているかもしれません。それが原因で嫌われてしまうのは避けたいものですね。口臭の原因となる食べ物を食べた後は注意しましょう。

あなたの口臭が臭くなる食べ物

あなたの口臭が臭くなる食べ物とは?普段の食事で気をつけていきたい食べ物をご紹介します。意外と知られていない食べ物もあるかもしれませんね。

にんにく、ねぎ

にんにくとねぎ、あるいは玉ねぎは、食べ物の中でもワースト1と言ってもいいくらい、口臭を酷くさせる食べ物です。その臭いの成分はアリシンと呼ばれるもので、これが口の中に残り、息を吐くときに、硫黄に似た強烈な臭いが吐き出されます。餃子、ラーメン、焼き肉、キムチ、ペペロンチーノのパスタなどにんにくが使われた料理を食べるときには気をつけてください。

アルコール

「ビールや焼酎、ハイボール・・・お酒を飲みすぎた次の日は、自分でもわかるくらい酒臭い。」と、こんな経験をした人もいるのではないでしょうか。お酒は肝臓でアセトアルデヒドに分解され、体内の水と一緒に尿となって排出されます。しかし、たくさんのお酒を飲むと大量のアセトアルデヒドが発生。それが体内に残り、臭いの原因となります。

コーヒー

コーヒーに含まれている細かな粒子が、舌に付着しやすく、そのままにしておくと、口内が酸性になり細菌が増加するのに好都合な環境を作り出してしまいます。また、唾液の流れを減少させ、口内の細菌が長く居座り続けさせることになり、さらには口内を乾燥させ、それが、強い口臭を生み出す原因になります。

チーズ、牛乳

チーズや牛乳は舌に付着しやすい食べ物です。例えば牛乳を飲んだ後に舌が白くなるのはよく知られていることです。また、チーズは舌だけでなく、歯と歯の間にも入り込みやすく歯磨きをしないかぎり、取り除くことは難しいでしょう。

ケーキ、パン

ケーキやパンを飲み物なしで食べると、口の中がパサパサして乾燥してしまいます。これらは舌に付着しやすく、口内を乾燥させ口臭を生み出してしまうのです。また、パンやケーキには砂糖が多く含まれているので、口の中に長い時間、残りやすく口臭の原因となります。

納豆

納豆菌が発生させるアンモニア有機酸とイソバレシアン酸は口臭の原因となります。ただし、こちらは、にんにくやコーヒーほど長い時間、強烈な臭いは発しません。それでも臭いの原因の一つになることは覚えておきましょう。

あなたの口臭を改善させる食べ物

あなたの口臭を改善させる食べ物をご紹介します。これらを食べることで口臭の原因となる細菌は減少し、口臭を抑えることができます。

水を飲むことは口臭を抑えるために絶大な効果を発揮します。口臭を抑えるために、何よりも最初に試してみることをおすすめします。水は無臭の液体であり、口のなかにある細菌や食べかすを洗い流す効果があります。また、唾液が分泌されることを促進します。唾液がでることで、口の中の臭い成分を分解する役割を果たします。

シュガーレスガム

シュガーレスガムは、歯や歯茎、舌から食べ物や細菌を取り出し、唾液の分泌を促進します。ガムが口内の細菌を抑制するため、口臭防止のために効果があるといわれています。砂糖の入っているガムは一時的には口臭を抑制できますが、ガムを噛んだ後に口臭の原因となる可能性が高いです。

生野菜

生野菜には豊富なビタミンCが含まれ、これが口内の細菌を抑制する働きをします。また、食物繊維が口内に残った食べかすをからめ取る効果もあるといわれています。また、生野菜を食べる際に噛む回数が自然と多くなり、それが大量の唾液を作り出すことになり、口臭を予防します。

ヨーグルト

ヨーグルトには豊富な乳酸菌や善玉菌があり、それらが口内細菌を減少させます。特に乳酸菌「プロバイオティクス」が入っているヨーグルトを選ぶことで、高い効果が期待できます。

まとめ:口臭の予防は普段からの食生活から

私たちの生活で、口臭に気をつけることは社会的マナーの一つです。仕事をしていても同僚や上司の口臭が不快であれば、仕事にも差し支えることになるでしょうし、ましてや取引先との会話であれば、自分自身の口臭には注意が必要です。

また、飲み会の後、帰宅したときに家族から「臭い」と言われるのは、お互いに嫌なものです。仕事の後の汗と一緒になって臭うのは誰にとっても不快です。そんなときに自動販売機やコンビニで水を飲んで帰るというのも口臭を抑える手段の一つですね。

普段の食生活に気をつけることで、不快な口臭を他の人に与えることはある程度防げるはずです。外出先で「たぶん、今私の口臭きついかも」と思ったら、マスクをするのも一つの方法でしょう。もちろん、日々の歯磨きは忘れずに行いましょう。

ライター:nnnyama

関連記事

女性の私が、毛深い事をコンプレックスに思わなくなった理由│人生で学んだ本当の“美しさ”とは