夏の肌荒れ対策

日本の夏は高温多湿であるため、湿度の低い冬に比べ、肌の潤いを保ちやすいと思いがちです。でも、油断は禁物。一見、乾燥の心配がなさそうな夏にも、肌荒れの危険はあちこちにあります。今回は、夏の肌荒れの原因や予防法、対処法をご紹介します。

夏に肌荒れが起きる原因

汗や皮脂の分泌が盛んな夏は、肌が潤っているように感じられます。いったい、どんな原因で肌荒れが起きてしまうのでしょうか?

強力な紫外線

夏の肌にとって、一番の強敵は紫外線です。日本では、一年のうち、7~8月に紫外線量が最も多くなります。

ひんぱんに強い紫外線を浴びていると、その刺激で肌の角質層が厚くなってしまいます。そうなると、化粧水や美容液が浸透しにくくなり、肌を乾燥させてしまう大きな原因となります。

エアコンによる乾燥

厳しい暑さの中、エアコンの使用は熱中症予防に欠かせません。しかし、エアコンの乾いた風が肌に当たると、どうしても水分が失われてしまいます。

肌が乾燥してしまうと、バリア機能が失われ、細菌が張り込みやすくなって、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

汗による肌荒れ

汗をかくこと自体は、決して悪いことではありません。むしろ、体の中に熱をため込まないためには、汗をかくのも大切です。

しかし、汗をかいたまま放置するのは、肌にとって良くない事です。汗でぬれた肌には汚れやほこりがつきやすく、雑菌も繁殖しやすいため、それらが刺激となって肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、あせもや汗かぶれにも要注意です。あせもが、汗や皮脂が汗腺に詰まることによって起きる炎症なのに対し、汗かぶれは、汗に含まれる塩分などが原因となり、肌を刺激して炎症を起こす症状です。

夏の肌荒れを予防するには?

様々な原因で、負担を強いられてしまう夏の肌。良いコンディションを保つためには、どんな予防が必要なのでしょうか?

紫外線対策を怠らない

紫外線対策でまず頭に浮かぶのは、日焼け止めクリームや、UVケア化粧品を使うことです。
外出時はもちろんですが、紫外線は窓を通して差し込んできますので、屋内にいるときも気をつけましょう。

日焼け止め剤は、汗をかいても落ちにくいウォータープルーフ処方のものを選んだ方が安心です。肌が弱くてウォータープルーフのものは苦手、という場合は、できるだけ日焼け止めをこまめに塗り直すようにしましょう。

日焼け止めに加え、日傘や帽子を併用するのも効果的です。紫外線カット効果のあるものを選ぶと、より安心できますよね。

スキンケアを省略しない

夏は冬に比べ、皮脂の分泌が盛んになるため、肌がべたつきがちです。ついつい美容液や保湿クリームを省いてしまいたくなりますが、これは肌にとって危険なことです。

肌の乾燥を防ぐには、化粧水をつけたあと、クリームでフタをすることが大切です。べたつきが気になる場合は、使用感の軽い夏用のクリームや、保湿ジェルを選ぶようにしましょう。

バランスのとれた食事を心がける

肌荒れの予防には、食事も重要な役割を果たします。大事なのは、栄養素をバランスよく取ることです。

たとえば、緑黄色野菜やナッツ類には、抗酸化作用のあるビタミンAが豊富に含まれています。また、果物などに豊富に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を促してくれるので、肌にとっては必須です。

しかし、野菜や果物ばかり食べていても、美肌を保つことはできません。新陳代謝を促してくれるビタミンBは、豚肉などに多く含まれていますし、肌を作る元になるたんぱく質や、腸内環境を整えてくれる乳酸菌も欠かせません。

夏はどうしても、さっぱりした食事を選びがちです。しかし、重くないメニューでも、栄養をバランスよく取ることは可能です。たとえば、サラダに豚しゃぶやサラダチキン、ナッツやチーズを載せたり、デザートにはヨーグルトなどを食べるようにして、肌に欠かせない栄養素を効率よく補うことを心がけましょう。

汗をかいたらこまめに拭う

前に述べた通り、汗をかいたまま放置することは肌に悪影響をおよぼします。汗をかいたら、こまめに拭うようにしましょう。

その際、タオルなどでこすると、肌に負担がかかってしまいます。また、湿ったハンカチやタオルには、細菌が繁殖しがちです。できれば、ハンカチ類を数枚持ち歩き、常に清潔なものを使うように心がけたいものです。

ティッシュなどで優しく汗を吸い取るのも、肌を清潔に保つには効果的です。その際、アルコールが入ったウェットティッシュを使うと肌荒れの原因になるので、汗拭きシートを使用した方がよいでしょう。

肌荒れが起きてしまった時の対処法

忙しくてついケアを怠ったり、注意を払わずにいて肌荒れが起きてしまった時は、適切な対処が必要になります。ここでは、その方法を具体的に見て行きます。

洗顔や入浴方法を改善する

夏は、汗のニオイなどが気になって、お風呂で体をゴシゴシ洗いたくなります。でも、洗い過ぎは禁物。肌をゴシゴシこすったり、石鹸や洗顔料を使いすぎて、肌に余計な負担がかからないように気をつけましょう。

また、お風呂上がりの肌を放置せず、できるだけ早く、スキンケア剤で保湿することも大切です。

スキンケア用品を見直す

肌荒れを起こしてしまったら、普段使用しているスキンケア剤を見直してみましょう。清涼効果のあるものや、香りが良いものなどより、できるだけ肌に刺激のないものを選ぶようにしたいものです。

また、スキンケア剤の付け方にも注意が必要です。たとえば化粧水はパシャパシャ叩くようにつけるのではなく、優しく押さえるようにして、肌になじませましょう。

水分補給を心がける

水分が不足すると、消化不良や便秘を引き起こすことがあり、肌荒れがますます悪化してしまいます。
かといって、一度に大量に飲んでも、尿で排出されてしまうだけです。水分は少しずつ、こまめに取るようにしましょう。

その際、ミネラルウォーターやスポーツドリンクだけでなく、野菜ジュースやフルーツジュースも選択肢に入れると、ビタミン不足も補えて一挙両得です。

肌をクールダウンさせる

あせもや汗かぶれが原因でかゆみを感じたら、かきむしらないことが大切です。外出時は、タオル素材のポーチなどに保冷剤を入れて持ち歩き、肌に当ててクールダウンさせてあげると、かゆみを軽減させることができます。

まとめ

夏の肌にとっての大敵は、紫外線と汗です。日焼け止めクリームなどで紫外線対策をし、汗をかいたらすぐに拭うようにしましょう。また、肌荒れがひどくなったり長期化する場合は、自己診断に頼らず、皮膚科に相談することも大切です。湿度が高い季節だからといって油断せず、保湿を心がけて、みずみずしい肌を保ちたいものです。

ライター:Amber

関連記事

自動車保険を適用する際に気を付けたい事

日本の自動車保険制度についての詳しい説明

スポーツカーという乗りもの

いまどき自分の車を持つ理由

カーリースのメリット・デメリットは?新車カーリースの選び方

高速道路の移動をお得に!ETC割引とETCマイレージサービス