カーリースのメリット・デメリットは?新車カーリースの選び方

カーリースは法人向けに展開されていましたが、近年個人向けのカーリースも増えていまます。今回は購入ではなくリースを選ぶメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

カーリースとは?

カーリースとは、新車を3年、5年、7年などの契約期間を決めて貸し出すサービス制度のことです。その期間は、車を返却することなく使い続ける必要があります。もし返却する場合には違約金などが発生する場合もあります。
そして期間が終了したとき、車を返却するか買い取るか再リースするか選択します。

車の名義は自分になる

カーリースの場合、所有者がリース会社、使用者が借主となります。所有者はリース会社ですが実際使用する上では問題ありません。普通のマイカーと同じように使うことができます。

カーリースの費用に含まれているものは?

・車両本体価格
・自動車税、重要税、自賠責保険料などの税金
などの必要経費は含まれています。もしナビやETCなどをつけたい場合は費用があがります。

カーリースのメリット

車の維持費が少なくてすむ

カーリースの場合、メンテナンス料、車検料、税金などが毎月の料金に含まれています。そのため、車検や税金などの心配が必要ありません。また新車の場合、ETCやナビシステムなどが含まれている場合もあります。
毎月一定額を払うだけで、車検のような一度に大きな金額を払わなくて良いのがカーリースの最大の特徴といえます。

頭金が不要

新車を購入する場合はある程度の頭金や手数料などが必要です。しかしカーリースの場合は、費用がすべてリース料金に含まれているので頭金を用意することなく新車に乗ることができます。

グレードや色などが自由に選べる

リースと聞くと、選べる車種が限定されるようなイメージがあります。しかしカーリースは車種やグレード、色などを自由に選べます。またナビなどのオプションもつけることができます。
しかし改造した場合、返却時に元に戻す必要があります。

リース代を経費に計上できる

法人や個人事業主は、車のリース代を経費に計上できるため節税になります。ただし固定資産には含まれません。

面倒な交渉がいらない

新車を購入する場合、ディーラーと値引き交渉などの様々な交渉が必要です。また車に関しての様々な書類に記入が必要です。しかしリースの場合、これらの面倒な交渉が不要になります。
ただしリースの場合でも車庫証明が必要です。

デメリット

途中で解約した場合は違約金が必要

期間が定められているので、途中で解約した場合違約金が必要になります。また事故を起こして全損になった場合、強制的に解約となってしまいます。
その場合、残りのリース料などをすべて支払う必要があります。そのためカーリースの場合でも必ず車両保険に入っておくのがおすすめです。

支払い総額が購入する場合よりも高くなることも

カーリースではリース期間の税金やメンテナンス料などにも金利がかかります。またその金利は銀行ローンなどより高く設定されていることが多いです。
そのため最終的に車を購入したい場合、支払い総額が高くなってしまうことがほとんどです。

走行距離の上限がある

カーリースの場合、リース料金ごとに走行距離の上限が決められています。距離を短くするとリース料金は安くなりますが、走行距離を気にしながら走行しなければいけません。
走行距離の設定と料金はホームページなどに掲載されていますので、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

改造などはできない

リースが終わった際、車はリース会社に返却しなければいけません。そのため車を勝手に改造することは禁止されています。

カーリースを利用する流れ

カーリースは店頭でももちろん契約できますが、見積もり・審査・契約までをすべてオンライン上で簡単に行うこともできます。これは個人向けでも法人向けでも変わりません。

店頭の場合

1.カーリースの説明
リース会社からカーリースについての説明が行われます。そして希望の内容やプランなどを提示します。

2.見積もりの作成
希望に沿った見積書を作成してもらいます。

3, 契約
見積書の内容に納得したら、契約書を作成してもらい契約を行います。

4.納車
リース車を登録し、納車しリース料金を支払います。

以上が店頭での契約の流れですが、オンラインの場合でも流れはほぼ変わりません。カーリースが初めての方、リース会社に質問をしたい方は店頭で契約するのがおすすめです。

カーリースに向いている人・向いていない人

向いている人

・まとまった資金がない人
・月々の支払額を一定にしたい人
・面倒な手続きを省きたい人
・距離はのらないが車が必要な人

カーリースが向いている人は、まとまった資金がないが車が必要な人といえます。また月々の支払額を一定にしたい人や車にこだわりがないが必要な人にもおすすめです。

向いていない人

・総支払額は少ない方がいい人
・自分好みにカスタマイズしたい人
・走行距離が長い人
・まとまった資金が用意できる人

現在新車を買えるくらいまとまった資金がある人は、支払い額が安く済むため購入の方がおすすめです。また走行距離が長い人も、最終的にリース料金が高くなってしまうので、向いていないといえます。

まとめ

カーリースは月々の支払額を抑えながら新車に乗ることができ。メリットも多くあります。しかし総支払額が多くなるなどのデメリットもあるので、自分はどちらが向いているのかしっかり確認しましょう。

ライター:月木なつめ

関連記事

自動車保険を適用する際に気を付けたい事

日本の自動車保険制度についての詳しい説明

夏の肌荒れ対策

スポーツカーという乗りもの

いまどき自分の車を持つ理由

高速道路の移動をお得に!ETC割引とETCマイレージサービス