高速道路の移動をお得に!ETC割引とETCマイレージサービス

高速道路での移動時に、ETCを利用している人は多いかと思いますが、ETCの料金割引の詳細やETCマイレージサービスについて、しっかり内容を把握している人は案外少ないかもしれません。

ここでは、車での移動をお得にするETCの活用方法をご紹介します。

ETCとは

高速道路利用時に、自動車に設置したETC車載器と料金所のアンテナが無線で通信を行い、自動的に通行料金の支払いを行うシステムのことです。

ETC車載器には、クレジットカード会社の発行するETCカードを挿入し、料金はそのクレジットカードで決済されるようになります。

したがって、料金所で停車する必要がなく、渋滞緩和のためにも普及が推進されているシステムです。

ETC割引の種類

ETCには、高速道路を利用する時間帯や曜日などによって受けられるさまざまな割引サービスがあります。その中でも主なETC割引サービスをこちらにご紹介します。

休日割引

普通車・軽自動車を対象に、土曜・日曜・祝日に加え毎年1月2日、3日に対象道路を走行した場合に適応となる割引です。時間帯の指定はなく、終日割引が適応されます。

割引率は、30%です。

対象区間は、東京・大阪近郊を除くNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方高速道路、宮城県道路公社の仙台松島道路となっています。

深夜割引

すべての車種を対象に、毎日0~4時の間に対象道路を走行した場合に適応となる割引です。

割引率は、30%です。

対象区間は、NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する高速道路、宮城県道路公社の仙台松島道路です。ただし、京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は対象外となります。

平日朝夕割引

「ETCマイレージサービス」に登録しているすべての車種が対象となる割引で、平日6~9時、17時~20時の間に対象道路の入り口、もしくは出口を通過した場合に適応となります。

一日から末日までの一ケ月の間に対象日時に5回以上利用した場合が割引の対象となり、通行料金のうち最大100km相当分に適用されます。

利用回数によって割引率が異なり、5回~9回までの場合は通行料金の約30%分、10回を超える場合は約50%分が還元されます。

東京・大阪近郊を除くNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方高速道路、宮城県道路公社の仙台松島道路が対象区間となります。

ETCマイレージサービス

では、平日朝夕割引が受けられるETCマイレージサービスとはどのようなものでしょうか。ETCマイレージサービスについてご紹介します。

ETCマイレージサービスとは

登録したETCカードの対象高速道路利用金額に応じて、ポイントが付与されるサービスです。貯まったポイントは、ポイント数に応じて高速道路の無料通行分として還元し、通行料金に充てることができます。

例えば、ポイントを5,00円分の無料通行分と交換した場合は、ポイントの交換後に利用する高速道路の通行料金が5,000円を超えるまでは請求されないことになります。

ETCマイレージサービスの利用方法

インターネット、もしくは郵送にてサービスの登録ができます。名前、生年月日、住所などの個人情報の他、ETCカードの番号と有効期限、車両番号、ETC車載器に記載されている車載器管理番号が必要になります。

数週間でマイレージIDとパスワードが記載された登録完了のお知らせが郵送で届き、登録が完了します。登録費用や年会費などはかからず、無料で利用することができます。

ポイントについて

登録したETCカードで高速道路を利用した場合に、通行料金に応じてポイントが付与されます。対象となる高速道路は、NEXCO東日本・中日本・西日本、宮城県道路公社、本州四国連絡高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社(8号京都線のみ対応)、名古屋高速道路公社、愛知県道路公社、神戸市道路公社、広島高速道路公社、福岡北九州道路公社となっています。

ポイントの加算基準は、各道路事業者によって異なります。NEXC0東日本・中日本・西日本、宮城県道路公社の場合は、10円につき1ポイントが付与されます。

また加算されたポイントは、道路事業者ごとに合計され、合算することはできません。ただし、NEXCO東日本・中日本・西日本、宮城県道路公社は合算しての計算となります。

ポイントの還元方法

ETCマイレージサービスの登録時に、ポイント自動還元サービスを申し込むと、必要ポイントが貯まった時点で自動的にポイントが還元されます。その他にも、インターネットや電話で手続きをする方法があります。

還元額も道路交通事業者によって基準が異なりますが、NEXC0東日本・中日本・西日本、宮城県道路公社の場合は1,000ポイントを交換する場合は500円分、3,000ポイントは2,500円分、5,000ポイントは5,000円分に交換することができます。

ETCマイレージサービスの注意点

登録したETCカード以外のカードを利用した場合は、ポイント加算の対象とはなりません。カードを変更する際には、変更手続きが必要です。

また、ポイントには有効期限があります。有効期限は、ポイントが付与された年度の翌年度末までとなります。メールや郵送でポイント残高のお知らせを受け取るサービスを希望すれば、有効期限前にポイントの確認をすることができます。

まとめ

ETCマイレージサービスは、ETC車載器とETCカードさえあれば誰でも無料で登録できるサービスです。このサービスを最大限に利用すれば、高速通行料の10%を還元することができます。

通行時間によるETC割引と合わせると、高速道路をぐっとお得に利用することができます。まだETCマイレージサービスを利用していない方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ライター:nicori

関連記事

自動車保険を適用する際に気を付けたい事

日本の自動車保険制度についての詳しい説明

夏の肌荒れ対策

スポーツカーという乗りもの

いまどき自分の車を持つ理由

カーリースのメリット・デメリットは?新車カーリースの選び方